【SHOEI Z-7 】ヘルメットのロゴをキレイに消す方法

表題の通りですが、今回、SHOEIのフルフェイスのヘルメットを購入したのですが、どうもあのデカデカしたロゴが気に入りません。(SHOEIさんすみません汗 モノは最高です!)

しかし、ロゴを消す方法をググっても、

・剥がせるが汚れる
・剥がせたとしても跡が残る
・傷がつくおそれがある
・最悪オールペンするしかない

といったネガティブな情報ばかりでした。

そこで、最悪汚れや傷が付く事を覚悟に挑戦したところ、思いの外かなりキレイに剥がせたので同じようにロゴを消したい人のためにも情報をシェアしたいと思います。

スポンサードリンク



まずは現状の確認から

僕が購入したのは「SHOEI Z-7」というモデル。とにかく軽くて帽体が小さいモデルです。購入するにあたり、シンプソン、アライ、ビルトウェル、ベル、agvなど、色々と実際に被ってみたのですが、圧倒的な軽さと小ささ、シンプルなデザインかつ安心・安全の国産品という事でこのモデルにしました。

しかし…

ど〜んと構えるこのロゴがどうにも気に入りません。

ちょっと主張が激しすぎるかな〜と。

後ろにもロゴが…

僕はハーレーに合わせて購入したのですが、それもあってロゴが合わない気がしてしまいました。

車体のマットブラックとの質感は完全にマッチしているのですが、ロゴが…(気にしすぎ?^^;)

という事で早速やっていきましょう

さて、気になる剥がし方ですが、結論から言います、

TATSUYA
ゆっくり爪で剥がして、クリーナーで拭き取るだけ

です(笑)

クリーナーは、マット塗装対応のものを使ったのですが、ほぼほぼ完全にキレイに消すことができました!!!

まずは怖かったのでロゴが小さい後ろからトライ

いきなり前面からやって、傷をつけたら嫌なので、まずは後ろからチャレンジしました。

親指を使ってカリッとやると簡単に剥がれます。

うまくいくとピロ〜っとこんな感じで剥がれてくれます。

半分ほど剥がすと「SHO」さんのヘルメットに(笑)

なんてくだらない冗談はさておき、続けてカリカリしながら同じ要領で剥がしていきます。

10分弱で全部剥がし終わりました!

この時点ではノリの跡がありますので「剥がした感」がありますね。

主張が強い前面もやっていきましょう

とりあえず大きな傷などは付くことなく剥がせることがわかったので、続いて前面も剥がしていきます。

後ろと同じようにまずは枠から剥がしていきます。

一気に剥がれると気持ちいいです(笑)

枠取り完了。

親指の爪でゆっくり剥がして…

前面も終了。後ろと同様にこの時点ではくっきり「剥がした感」があります。

スポンサードリンク



クリーナーでノリ跡を除去していきます

ここから最終仕上げです。クリーナーを使ってノリをキレイに落としていきます。

使ったクリーナーは…

WAKO’Sの「フォーミングマルチクリーナー」です。これをマイクロクロスを使って拭き取りました。

まずはマイクロクロスにクリーナーを少し出してあげて…

拭いてあげます。結構力を入れて拭きましたがヘルメットの塗装面に影響はありませんでした。(※爪ではなく指の腹を使いましょう)

徐々にノリが剥がれていき…

ほぼほぼ完全にキレイに取ることができました!

後ろ面も同じ作業をしていきます

ノリの跡はこんな感じ。同じようにクリーナーで拭き取っていきます。

後ろもキレイに剥がすことができました!

最終的な全体像を見てみましょう

いかがでしょうか?かなりキレイに剥がせたと思います^^

スポンサードリンク



今回使ったアイテムまとめ

今回使った2つのアイテムはこちらです↓↓

WAKO’S フォーミングマルチクリーナー

マイクロクロクロス

ヘルメットスタンド

こちらはヘルメットを自宅で保管するときに便利です↓↓

まとめ

ロゴを剥がすと少なからずうっすら跡は残るかな〜と思っていましたが、ほぼほぼ目立った跡にもならずキレイに剥がすことができたのでよかったです!

ですが、あくまでもこれは僕のケースでの話なので(※購入から間もないなどの条件もあるかもしれません)、この記事はあくまでも参考としていただき、作業する際は自己責任の上でお試しいただければと思います。

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★TATSUYA★

「行動範囲は自分の可能性と比例する!」 という言葉を知り、2ヶ月に1度海外行ってます。穴場ビーチ、日本人がいない場所、旅に役立つガジェットやマイルの貯め方といった情報を書いていきたいと思います。普段は自営業やってます。僕が今どこにいるかはInstagramをcheck!