アヤナリゾート【崖の上にあるロックバー】からの夕日が今までで一番キレイだったかもしれない

ロックバーは崖の上にあるバーで、高級リゾート「アヤナリゾート&スパ バリ」内にあります。ここは洗練された雰囲気の中で海を一望でき、特にサンセットが美しいと噂の人気のスポットです。

ロックバーはホテルに宿泊していなくても利用できるのですが、ドレスコードがあったり、サンセットは何時頃がおすすめなのか?料金やメニューについても気になる方が多いと思いますので、今回の記事ではそのあたりを含めてレポートしたいと思います。

\知らないと大損!ANAマイルをタダで貯める方法/

ロックバーってどんなところ?

まずはロックバーの公式動画をご覧ください↓↓

0:19辺りを見いただくと、本当に崖の上にバーがあるというのがよくわかると思います。こんなバー見たことないですよね?!

きっとあなたはこれを見て「行きたいっ!!!!」と思ったはず。実際僕もそう思ったので行ってきました(笑)

アヤナリゾート「ロックバー」への行き方

それではまずはアヤナリゾートへの行き方ですが、場所はこちらになります。

※スマホで見てる方はこちらをタップしていただければGoogleマップが開きますので現地で活用下さい。

僕らはアヤナリゾートよりさらに南部にある「トーマスビーチ」で遊んだあとに、タクシーで向いました。伝え方としては、運転手に上の地図を見せるか、「Go to アヤナリゾート」で伝わると思います。

アヤナリゾートへ到着!

さて、ロックバーがあるアヤナリゾートへ到着しました!

入り口からして高級感が漂っています。

ホテル内もリゾート感がたっぷりです。

ドレスコードについて

ドレスコードについての記載があります。詳細は公式サイトから抜粋したので御覧ください。

ロックバーは、ロマンティックに過ごしたいカップルにもお勧めの場所です。また、お友達との思い出づくりにも、そして大きなパーティーにもご利用いただけます。いずれの時間帯も、スマートな服装でご利用いただけますようお願いいたします。タンクトップ・ランニングシャツ、サーフパンツ、アルコール飲料メーカーのロゴ入りの服装でのご来店はご遠慮いただいております。 また、セキュリティ対策のため、大きなバッグ、リュックサックはお持ち込みいただけません。

TATSUYA
ちなみに僕はリュックだったのですが、受付で預けられるので実際はリュックで行っても大丈夫でした。

※この日、最悪なことにiPhoneの調子が悪くなってしまったため、ほとんどの写真をGoProで撮影したので広角で見づらいかもですがご容赦下さい(泣)

ロックバーへの道のりは長い?!

さて、リュックを預けたらロックバーを目指します。敷地面積が広いため結構歩きます。

ホテル内には他にもレストランがあるようなので、別の機会に行ってみたいですね!

サワディカー。はタイか(笑)

まだまだ進んでいきます。このとき時間はPM5:00頃です。

ロックバーの看板が見えてきました。左へGO。

入り口のお姉さん。左側は宿泊者なので、僕らは右側へ。

お!向こう側に海が見えてきました。

スポンサードリンク



ゴンドラから見える景色も格別!

ロックバーへはこのゴンドラに乗って降りていきます。

ゴンドラからの景色も最高です。

本当に崖の上にバーがあります。

あの丸い場所は宿泊者のみのエリアのようです。あんなところで女性を口説いたら絶対落ちるでしょ〜といった感じですね。(そもそも付き合ってもいないのにこんな場所にこないかw

夕日を見ながらこんなところで酒が飲めるなんて幸せです。

僕らはここに座りました。マットが湿っていたので水着で来てる人いますね(苦笑)

補足説明
ちなみにディナータイム(19時〜)は事前に予約できるのですが、サンセットタイム(16時〜)は予約できませんので早めに行くことをおすすめします。僕らは17時頃についてたまたま良い席を確保できましたが、確実に良い席に座りたい場合はもっと早く来たほうが無難かもしれません。

ディナータイムはこちらの公式サイトから日本語で予約できますので必要な方はご利用下さい。

反対側はこんな感じ。

動画でも撮影してきたのでよかったらどうぞ↓↓

ロックバーのメニューは?

食事はサンセットタイムだったからか軽食メニューでした。

※公式サイトにメニューが公開されていたので気になる方はタップして御覧ください。

▶ ディナーメニューはこちら
▶ 軽食・ドリンクメニューはこちら

僕らはビンタンビール(1本約850円)と、上のメニューに出ていた料理を注文。これで大体3,600円くらいです。

夕陽がキレイな時間帯は?

徐々に陽が落ちてきました。この時PM6:00頃です。

めちゃくちゃ綺麗です。心が洗われますね。

いい感じの光が差していたので、神っぽいポーズを要求したらこうなりました(笑)

ほぼほぼ陽が落ちる頃には白ワインで乾杯してほろ酔いに。雰囲気も相まってか今まで一番キレイな夕陽だったかもしれません。

夕陽はPM6:30〜7:00頃が一番綺麗でしたが、前述したように予約ができませんのでいい席を確保したい場合は早く行くことをおすすめします。

料金について

ちなみにかかった合計の費用は、

  • ビール2本:200,000ルピア(≒1,700円)
  • 白ワイン2杯:440,000ルピア(≒3,740円)
  • フード3品:315,000ルピア(≒2,680円)
  • チャージ10%:95,500ルピア(≒810円)
  • TAX10%:105,050ルピア(≒890円)
  • 合計:1,155,550ルピア(≒9,820円)(※1ルピア0.0085円で計算)

でした!

バリにしては少し高めですが、この雰囲気の中で夕陽を眺めることができると思えばかなりお得だと思います。

まとめ

いかがでしたか?実際にロックバーに行ってみると、日本では味わえない雰囲気でとっても良かったですよ!ホテルに宿泊していなくても利用できますし、カップルで行けば必ずいい思い出になると思います。

TATSUYA
最後まで読んでくれてありがとう!旅の最新情報はインスタでチェックしてね!ふぉろーよろしく!→(@tabilog.tatsuya
バリに関するおすすめの記事

\知らないと大損!ANAマイルをタダで貯める方法/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

★TATSUYA★

「行動範囲は自分の可能性と比例する!」 という言葉を知り、2ヶ月に1度海外行ってます。穴場ビーチ、日本人がいない場所、旅に役立つガジェットやマイルの貯め方といった情報を書いていきたいと思います。普段は自営業やってます。僕が今どこにいるかはInstagramをcheck!